金買取と税金の関係

基本的に金の売却をしたときには税金がかかります。

例えば、買取店で200万円を超える金の売却が成立した場合は、支払調書を税務署に提出します。

税率は、その状況によって違いがあります。

計算方法は、金の所有期間によって異なるからです。

所得期間が5年以内と以上とでは公式が違うようです。

まず5年以内の場合は、売却価格-購入価格-特別控除50万円で計算して、その金額が課税となります。

例えば、400万円で売却して、購入価格が300万円だった場合、そこから50万差し引くと、50万が税金となるというわけです。

しかし5年以上の場合は、売却価格-購入価格-特別控除50万に×1/2をします。

先ほどと同じ条件だった場合、最後に50÷2で25万円が税金となるということです。

とはいえ、すべての場合に税金がかかるわけではありません。

以下の場合は免税となります。

給与所得が年間2000万以下で、その他の所得の合計が20万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。

また売却したときに損が出た場合も控除することができます。

つまり売却価格より購入価格の方が安かった場合は、税金はかかりません。

それで、金の売却は、あくまでもその行為により利益が出た場合に、税金が関係してくるということになります。

しかし一般的にはそのようなことはあまりないので、この知識は参考程度までに覚えておくようにしましょう。

金の買取で200万円手に入ったらうれしいですけどね。

Comments are disabled