金鑑定士のチェックポイント

金鑑定士が買取の際に、チェックするポイントがあります。

まず、刻印です。

ネックレスやリングの裏側に「18K」や「24K」という刻印があれば、金の純度が分かります。

金は24分率で表示されていて24金が純金です。

18金は金プラス銀や銅などの他の物質が混ぜてあります。

一般的なアクセサリーは18金であることが多いです。

純金だと柔らかすぎて加工がしづらいからです。

ですから加工しやすい18金がよく市場に出回っています。

では金の買取をしてもらう場合、どのように価格を査定するのでしょうか。

金にどれくらい混ぜ物があるかどうかは「比重計」という機械で測ることが出来ます。

これで金の純度を測るのです。

もし金にキズや自分たちのイニシャルがある場合はどうなるのでしょうか。

これは鑑定士はチェックしません。

金であるならば、商品としてではなく地金として買取ることが出来るからです。

買取った後、溶かして他の金製品として生まれ変わります。

またその物品が記念品やブランド物であると、金の価値に市場の需要をプラスして高価価格で買い取ってもらえることがあります。

ですから、鑑定士はそこもチェックするに違いありません。

記念硬貨やブランド物のゴールドアクセサリーを持っている方は、価格に期待してもよいでしょう。

このように、事前に鑑定士のチェックポイントを知っているならば、思った以上の価格で買取をしてもらえるかもしれません。

自宅で眠っている金、探してみませんか。

Comments are disabled