金買取のトラブルに対処する

少し以前に、金買取に関するトラブルが急増しました。

例えば、貴金属買取業者と名乗る者が、自宅に押しかけ、強引に買取をするという事件です。

相手は売却する意志がないのに、査定が無料だという理由に、強引に査定をさせ、結局安価な買取価格を提示し、執拗に迫りながら買取を脅すという方法を用いた業者が増えたようです。

それで、特定商取引に関する法律が一部改正されました。

以下の行為は不法行為として規制されています。

例えば、勧誘を希望しないのに勧誘する、強迫の勧誘行為の禁止です。

そして自宅訪問をするときは、事業者名を必ず明示する義務があります。

また勧誘を受ける意志を確認する義務もあります。

また
クーリング・オフというものがあり、8日間がその期間であること、その期間中に買取を解約することもできれば、またその期間中に自分の金を手元に置いておくことも出来ます。

もし以上のことを守らない業者がいるならば、業務停止命令などの行政処分がなされたり、悪質な場合は、罰金や懲役の対象にもなるようです。

このように、法律で規制をしてはいますが、くれぐれも悪質業者には気を付けるようにしましょう。

ネットで調べると、買取業者のホームページを確認することが出来ます。

気になる場合はこれらを使って自分で検索するようにしましょう。

お金が関係していることですので、前もった下調べが必要になってくるでしょう。

準備のもとに買取をしてもらうなら失敗する確率は断然と減ることでしょう。

Comments are disabled