金の買取方法とその流れについて

金を買取業者に買取ってもらう方法は全部で3つあります。

一つは「店頭買取」です。

店頭買取とは、お店に自分で金を持参して、そしてそこで査定してもらい、納得したら買取ってもらうという方法です。

その際に持っていくものは、身分証明書と売りたい品物です。

査定は大抵どのお店でも無料でしてもらえるでしょう。

査定金額に納得したら、買取用紙に自分の名前や住所など必要事項を記入します。

そして最後に査定金額を現金で受け取れば、終了です。

金の高額買取りならリファウンデーション

金買取の二番目の方法は「出張買取」です。

この方法はお店のスタッフが直接家まで来てくれて、家で品物を査定し、そしてその場で現金を渡すという方法です。

流れとしましては、まず電話やメールで出張買取の申し込みをします。

その際に、自分の希望日時を予約します。

それから確認メールが来たら、予約当日いスタッフが出張しにきてくれます。

そしてその場で金の査定をしてくれます。

そして査定金額が提示されますので、その金額に納得いけば、身分証明書を出し、買取用紙に必要事項を記入します。

そして現金をその場で受け取り終了となります。

金買取の三番目の方法は「宅配買取」です。

これは自分で金をお店に宅配して、査定してもらうという方法です。

まず電話かメールで宅配買取の申し込みをします。

自宅の住所などを書き込むと、すぐ宅配業者から段ボールが届けられます。

そこに、金と身分証明書、買取申込みを入れ、お店に宅配します。

基本宅配料や、段ボールなどはお店が費用を負担してくれます。

数日後、お店から査定金額の連絡が来るので、その金額に納得がいったなら、指定口座にお金が振り込まれ完了となります。